システム手帳における仕組み

PAGE
システム手帳における仕組み

公衆無線LAN利用時のセキュリティシステム

システム手帳における仕組み
インターネットに接続する方法としてLANケーブルからの有線を利用するタイプと無線LANからの無線を利用するタイプがあります。無線LANでも幾つか種類があります。自宅内間で有線で自宅にルータを設置して無線で利用する場合、携帯用のモバイルルータを利用する場合、そして公衆の無線LANを利用する場合があります。自宅のルーターやモバイルルーターは基本的には通常は自分自身や家族のみしか接続していません。

一方公衆無線LANは誰でも利用することができます。契約をするタイプと全く契約なくパスワードもなく簡単に接続できるタイプもあります。無料タイプもあります。気軽に接続できることから人気ですが、心配なこともあります。沢山の人が接続しているだけに、場合によっては不正な接続をされる場合があります。

公衆無線LANをよく利用する場合はセキュリティシステムも少し考える必要があります。そこで利用すると良いのがVPNソフトです。自宅のルーターやモバイルルーターにはこの仕組みが搭載されているので特に必要ありません。公衆無線LANでは別途用いることで高度なセキュリティを得ながら利用することが可能になります。海外旅行で公衆無線LANを使うときも用意しておきます。