システム手帳における仕組み

PAGE
システム手帳における仕組み

セキュリティシステムで作業効率が大きく変わる

システム手帳における仕組み
パソコンを利用して仕事をしている人にとっては、自分の意識以外の所でパソコンのスピードが落ちるのはあまり好ましいことではありません。文字を入力しているのに入力できない状態や漢字変換が遅くなることがあります。インターネットのサイトを見ているとなかなか画面が切り替わらないことがあります。インターネットの場合は速度が影響することがありますが、単にテキストを入力するだけのソフトなら特にスピードは変わらないはずです。

セキュリティシステムを導入すると作業効率が大きく変わることがあるので注意しなければいけません。重たいといわれるソフトがありますが、これが動作し始めるとフリーズすることがあるようです。つまりは画面が全く動かなくなり、キー操作もきかない状態です。これだと仕事になりません。パソコンの性能が悪いと余計に感じることになります。

一方で作業効率にほとんど影響を及ぼさないようなソフトもあります。これは軽いといわれるソフトです。パソコンの性能が悪くてもそれなりに動作し、良い場合はセキュリティの仕組みが動いているのかわからないぐらいのこともあります。システム開発など常に入力をしたりコーディングをする場合は効率が落ちるタイプは使えません。

お役立ち情報